目次

入善町を中心に顧客満足度の高い水道工事・配管工事・設備工事を行っている西川設備㈱です(^^♪

 入善町で配管屋を始めてから15年。今は入善町中央公園の近辺に事務所を構えている。西川設備は入善町の公共の配管工事や民間事業所や一般家庭で配管工事も行っている会社である。野中水道配管工事やいこい~の公民館の建築設備や総合体育館の2階トイレの改修工事等、多種多様な水道工事・配管工事・設備工事を経験してきた。そんな西川設備㈱だから、多種多様な施工経験からユーザーにより良いご提案や満足度の高い配管工事ができると確信している。隣の中央公園の屋内多目的施設建設工事でも、ユーザー側に立った視点から、使い勝手を重視したより良いプランニングのご提案と顧客満足度の高い配管工事を実践してきた。今後も引き続き実践していく所存である。西川設備㈱の特徴とは?一級管工事施工管理技士、一級配管技能士、給水装置主任技術者等の専門の資格保持者が現地調査から御見積書のご提示、配管工事施工、アフターフォローまで一貫して責任を持って面倒をみるので、お客様の立場からみた時のギャップが少なくて済む可能性が高いことである。西川設備㈱に配管工事を依頼すれば、お見積り時に言っていたことと施工との違いが無く現場が収まるので安心して設備工事を任せらるというメリットがあると思う。

口コミ高評価から朝日町山崎近郊のお宅で石油給湯器・オイルタンク取替え・配管工事を行った。

 石油給湯器が故障したとの問い合わせで現地にお伺いした。長年使用された石油給湯器が不着火で石油給湯器が使用できないとのことで、現地調査を実施した。不具合な点が見つかり、不着火の他に石油給湯器の函体から水漏れがみつかった。その件をお客様にご報告し、石油給湯器の取替えをご提案した。また、同様に長年使用されたオイルタンクも錆付き、石油給湯器だけ取り替えても、オイルタンクの錆水が入ると石油給湯器が故障してしまうという点をしっかりとご説明させていただき、両方を設備更新することとなった。オイルタンクと石油給湯器を連結していた送油配管も撤去して、新たに被覆銅管にて配管工事を行った。また、石油給湯器まわりの給水配管や給湯配管も更新し、長い目で見た時に西川設備に配管工事を依頼して良かったと思っていただけるように、念入りに作業を行った。排気筒はもちろんのこと、ドレン配管の更新やオイルタンクの基礎もしっかりとモルタル抑えを行い、耐震性等にも配慮した。西川設備はこういった手間暇を惜しまない姿勢で高い顧客満足度を勝ち取っている。その結果、口コミ評価も高評価となり、いい循環を生んでいる。今後もこういったこだわりの配管工事を貫き、顧客満足度の向上や客先の信頼度上昇を狙っていきたいと思う。

口コミ高評価から入善町古黒部近郊で井戸ポンプ取替え( ..)φメモメモ|西川設備㈱入善町

 過去に内装・建具を含めたトイレリフォームを施工させていただき顧客満足度が高かった為、西川設備は水まわり全般で対応できるので、今回井戸ポンプが故障したタイミングでお声をお掛けいただいた。井戸ポンプの現状を確認すると使用年数が12年を経過していた為、修理可能であるが、費用対効果が少ないということをお客様にご説明し、ご納得いただき、井戸ポンプを取替えることとなった。井戸ポンプの機種としては、川本製作所のジェットポンプ400Wという種類だったが、現状、世の中の半導体不足の為、納期がかかるということで、当社に在庫していた、400Wの浅井戸ポンプを仮設することとなった。井戸ポンプを仮設することによって、水が使用できない、トイレが使用できないという不便さが解消でき、便利になり、西川設備のそういった気の利いた対応に非常に喜んでいただいた。一週間ほどで代替品のポンプが届き、無事、取替えも終わり、お客様に安心して水を使用できるように対応できホッとしている。井戸ポンプの取替えがスムーズにいったのでついでシンクまわりの水まわりの修理をご用命いただいた。シングルレバー混合栓を取付け、既存の製氷機用の分岐水栓を取替え、自在水栓はワンタッチのレバーハンドルを取付けることによって使いやすさが向上した。西川設備の重点をは使う人の使い勝手を重視すること。今後もこういったユーザー目線という視点を重視して水まわりの設備工事に取り組んでいきたい

口コミ高評価から洗面化粧台取替え工事を行った。水漏れ修理やトイレつまり修理といった小工事からリフォームまで対応できる西川設備㈱入善町

 入善町青木近郊のお宅で洗面台の水漏れ点検に出張した。洗面台のシャワーホースから漏水があり、既存の洗面台が老朽化しており、TOTOの洗面化粧台をリニューアルすることとなった。過去に何回か水まわりの修理でお世話になっているお宅だが、口コミ高評価ということで今回もお声がかかった状況である。TOTOの洗面化粧台Fシリーズというグレードで一面鏡、750Wの物を選定した。こういった洗面台の入れ替えで注意していることは、実際に使用する人の立場に立って、商品を選定、ご提案するということ。今回であれば、もともと一面鏡の洗面台であった事
を考慮、また、シャンプードレッサータイプの水栓も変更しないで、今回も同じ仕様にしたこと。色味は明るい色がよろしいとのことでホワイト系の扉、バックパネルにして明るい色とした。以上の事に注意しながら、洗面台の取替えを丁寧に行い、お客様に喜んでいただけたと思う。その後、顧客満足度が高かった為、石油給湯器の修理やキッチンの水栓の取替え等もご用命いただいた。今後も、使い勝手を重視したご提案と丁寧な設備工事で顧客満足度の向上を目指していきたい