目次

入善町で気の利いた水漏れ修理や排水つまり修理やトイレつまり修理に関して顧客満足度の高い住宅設備修理を行っている西川設備㈱は口コミ高評価・リピーター続出中!=管工事業 富山県知事許可第15072号 町の便利屋登録

 西川設備㈱は入善町にある水道工事や住宅設備工事をしている会社である。創業して15年の会社で主に一般家庭や事業所、公共施設で水道工事・配管工事・設備工事を行っている会社である。蛇口の取替えからトイレつまり修理、水漏れ修理、洗面台工事の小工事からユニットバス、キッチンリフォーム、トイレリフォーム等の水まわりリフォームまで施工できる会社である。入善町入膳で中央公園付近に事務所があるのだが、そちらの方ではトイレを組み立てて展示してお客様に選んでいただく事もしている。今まで多種多様な配管工事や設備工事を施工体験してきている。今後も引き続き設備を使用する方の立場に立ったリフォーム提案を基に長い目で見た時に西川設備㈱に設備工事や水まわりの修理を依頼して良かったと思っていただけるようなより良いご提案と丁寧な施工を武器に顧客満足度の高い水道工事・設備工事・配管工事に取り組んでいきたいと思う。おかげ様で現在口コミ高評価が増え続け、顧客満足の高い配管工事や設備工事の実績からリピーター続出中の状況である。気の利いた水道工事や設備工事なら西川設備㈱にお任せください(^^♪町の便利屋登録 入善町入膳359-1西川設備㈱ TEL0765-72-4885

排水つまり修理・キッチンつまり、洗面所排水つまり、トイレつまり修理は丁寧な設備工事の西川設備㈱にお任せください(^^♪排水設備責任技術者、給水装置工事主任技術者、一級配管技能士、一級管工事施工管理技士等専門資格者が対応(^^♪

本日、お伺いした入善町近郊のお宅でキッチン排水つまり修理を実施した。修理依頼から15分以内に現場に駆け付けた。まず、現況調査から行い、キッチンつまりの元凶を調査した。排水つまりの原因は洗い物の油脂であることが判明し、つまり箇所がキッチン排水から外部排水設備のトラップ部までと判明した。つまり始めてから1週間近く経過していることから、高圧洗浄機を使用した逆洗処置が必要か微妙な状況であったので、最初に薬品洗浄を行った。お湯を使用することによって油脂が分解するので、つまり対応薬剤洗浄を平行し、排水管の中にある油脂を分解洗浄を行った。最初はトラップから排水が出てこないくらい、キッチンつまりの症状が悪化していたのだが、こういった修理を行ったことで、無事キッチン排水がスムーズに流れるように改善された、あとは管内壁に残る油脂を洗浄する為にバケツにお湯を貯めてイッキに流して油脂を押し流す処置は住人の方にも教育がてら手伝っていただき、今後の排水つまり修理をDIYでもできるように共同作業させていただいた。外部の排水設備のトラップ部は油脂を洗浄して、綺麗になり排水の流れを阻害する物が除かれた。こういった一連の排水つまり修理の作業であるが、この業界に入ってから20年、こういった給排水設備に関わり、給水設備や排水設備に関わってきたからこそスムーズに排水つまり修理に対応できる。多種多様な設備工事経験がないと、どういう処置をして良いかも分からない、また最善の修理策も判断できないのも無理はない。こういった排水つまりやトイレつまり修理はは設備プロの西川設備㈱に任せていただきたい。

口コミ高評価から入善町の事業所で洗濯場排水管つまり修理を施工した水のトラブルは西川設備㈱にお任せください(^^♪ 1級管工事施工管理技士

 先日、入善町近郊の事業所で洗濯機の排水が流れないとのご連絡をいただき、現地調査を実施した。5年前に排水設備工事を行い、公共下水道に接続した排水設備であるので、塩ビ製の排水桝できちんとした勾配が取れた排水配管になっているのだが、こちらの事業所で従業員さんの制服を自動洗濯機にかけるのだが、排水に鉄粉が混ざりそれが阻害して排水管の中に堆積していて排水の流れを阻害していた。下水道接続する前に元請の土木会社には下水道接続するとこのような事象が発生するリスクがあるかもしれないと連絡をしていたのだが、後の祭りだ。根本的な原因が改善されない限り、定期的に高圧洗浄して下水道配管の中を管内洗浄する方法で対策していくつもりだ。

口コミ高評価から黒部市近郊のお宅にて家庭用井戸ポンプ修理を実施した。水漏れ等の水のトラブルは顧客満足度の高い設備工事の西川設備㈱にお任せください

 先日黒部市近郊のお宅で井戸ポンプが回りっぱなしであるとポンプ点検修理のご依頼を受けた。実際に現況調査を実施すると、井戸ポンプのアキュームレーターという部品が故障しているのを確認し、後日取替えることとなった。改めて部品取替えを行い、井戸ポンプの運転状況を試運転を行い、確認した。その後、他に故障している箇所が無いかということで、厳密に確認する為には、古くなって老朽化したバルブを取り替える必要があるということを客先にご説明し、水が排出されている箇所が井戸ポンプなのか、吐出側なのかを判明させた。そういった確認を行うことでどこに漏水の原因があるか突き止めることができる。もし、吐出側で漏水があれば、当社の保有しているデジタル式の漏水検知装置で調査することができる。そういったあらゆる方向性を確認しつつ漏水調査ができるのも西川設備㈱入善町の特徴である。